フィンランド随一のデパート

北欧は日本と比べてビジネスアワーが早く、
午後5時、6時にはお店を閉めてしまったりします。
そんな中、百貨店 STOCKMANNは、旅行者に嬉しい夜9時まで営業!

marimekkoの寝具や、フィンランドを代表するデザイナー、
Alvar Aaltoのプロダクトが並ぶ、ハイセンスな家具売場をひやかしてみたり。

b0177281_22172646.jpg

b0177281_22174270.jpg

ムーミンからトナカイまで (!)、何でも揃っている
フィンランド名産品コーナーで、目移りしながらお土産物探しも可能。
地下の食品売場では、おいしいDELIをテイクアウトできるし、
8Fには郵便局やFOREX(両替)、免税カウンターがあるので何かと便利です。

b0177281_1233921.jpg

b0177281_2274627.jpg

STOCKMANNのお隣は「アカデミア書店」という本屋さん。
Alvar Aaltoが1960年代に設計した建物で、3階建ての吹き抜け構造になっています。
天窓から差し込む日差しが、暗くなりがちな書籍売場を
明るく優しい雰囲気で満たしてくれているような印象を受けました。

2Fの一角には、黒いアントチェアに大理石のテーブル、
真鍮のペンダントライトがシックな趣きの CAFE AALTO が。

b0177281_22174958.jpg

b0177281_2217566.jpg

まずコーヒーを注文したものの、お腹がすいて来たので、
小エビのサンドイッチも追加でオーダー。
クロワッサンの上にこれでもかと小エビが乗ってて、
食べるのに苦労しましたが(笑)、なかなか上品な味でした。

b0177281_22225173.jpg
帰り際、階段を降りる時この本屋の歴史を感じる写真を発見。
店内で作家が講演している光景(60年代頃)だと思うのですが、まさにアカデミックな感じ。

b0177281_1433551.jpg

////// Mitte 北欧買い付けアイテムご紹介 //////
フィンランド市発行、Aaltoデザイン建築の特集冊子
アカデミア書店内部の画像も掲載されています。

b0177281_16211851.jpg

b0177281_1621262.jpg
[PR]
by hongomitte | 2010-09-09 21:51 | 旅行記


<< ヘルシンキのポップな地下鉄 ヘルシンキの街歩き >>