Salvia「ふんわりくつした」入荷しました

昨年までスウェーデンに留学されていたり、
北欧の手仕事にも明るいデザイナー・セキユリヲさんが
プロデュースする「Salvia(サルビア)」の雑貨/服飾小物。

毎回その真摯な「ものづくり」の過程を、
季刊誌にまとめてらっしゃる点も、ユニークで興味深いです。

b0177281_2318587.jpg
(上)表紙を見ているだけで楽しい季刊サルビア、
(下)和の色彩×北欧デザインといった感じのポストカード。

b0177281_23151650.jpg

***

Mitteでは昨年からSalviaさんのアイテムをお取り扱いしていますが、
年末の新聞記事掲載を受けて、「ふんわりくつした」についての
お問い合わせをたくさん頂いている状況です。

一端在庫を切らしていたのですが、1/8(土)再入荷しました。
ここで簡単な商品のご紹介を。

b0177281_2322292.jpg
コットンの素材感を生かした優しい肌触りと、
どんな服にも馴染むナチュラルなデザイン。
(画像は「コスモス」と「スカンジナビア」です)

ふんわりとガーゼのような風合いに仕上がっているのは、
通常の糸より、3分の1も細い糸を使用して
人の手で調整しながら、ゆっくり丁寧に編まれているため。

編み上がった靴下をプレス機で圧縮して形を作るので、
足首部分にはゴムを使用していません。
しっかり目数があり、糸同士が支え合っているから、
ゴムがなくても、ずり落ちにくい構造になっているのです。

新潟の「くつした工房」と、デザイナーのセキユリヲさんとの
コラボレーションで実現した「ふんわりくつした」。

ナイロンが主流の大量生産品には出せない優しいはき心地は、
足がむくみやすい方や、締め付けが苦手な方にも最適です。
[PR]
by hongomitte | 2011-01-07 23:19 | お知らせ


<< 「古本ノート展」のご案内 2011年、今年もよろしくお願... >>