『ソ連の飴紙展 〜1960年代から70年代にかけて〜』 ★ 3/14までやってます!

b0177281_3171537.jpg

きれいなもの、かわいいもの、がそれほど簡単に手に入らなかったとしたら――
ソ連時代は、商業主義的な製品があふれる社会ではありませんでした。


ひとつひとつが紙でくるまれているキャンディ、
くるくるっとむいて口に放りこむ。
その包み紙は捨てられることなく、しわを伸ばしてとっておかれた。
だから今こうしてここにある。ソ連時代のお菓子のドレスをご紹介します。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今年1月、西荻窪FALLで好評を博した「ソ連のマッチラベル展」。
その企画者カーキンケン さんのコレクションから、60-70年代
旧ソ連邦の飴紙やチョコ包装紙200枚以上を展示いたします。
ほろ苦い時代に人々が楽しんだ甘いお菓子。その味に思いをはせて…

b0177281_325024.jpg

「ソ連の飴紙展」
2014年2/28(金)-3/14(金)
Mitte イベントスペース 12:00-20:00

東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄大江戸線
本郷三丁目駅 徒歩2分
東京都文京区本郷3-33-3 本郷ビル3F
http://mitte.lomo.jp/

[主催]Mitte [協力]カーキンケン、豆本の扉や、八朔ゴムはん
★ありよしきなこコレクション

3/8現在の来場者様ご感想、レポートまとめはこちら
ソ連の飴紙展 2/28-3/14 【その1】
ソ連の飴紙展 2/28-3/14 【その2】

[PR]
by hongomitte | 2014-03-08 03:02 | イベント他


<< 『ソ連の飴紙展』 ご来場有難う... 期間限定 バレンタインのお店 ... >>