2010年 09月 20日 ( 1 )

ヘルシンキのポップな地下鉄

ヘルシンキの移動手段で思い浮かぶのは、
市内を縦横無尽に走っているトラムやバスですが、
実は1路線だけ、地下鉄も走っています。
滞在ホテル近くに地下鉄駅があったため、探検もかねて利用してみました。

b0177281_19504832.jpg

地下鉄駅構内は小さなショッピングセンターのようになっていて、
フィンランドの国民的バーガーショップの「HESBURGER」や
パン屋、スーパーマーケット、ギフトショップなどがあります。

b0177281_19514685.jpg

b0177281_19515888.jpg


ホームにたどりついてまず目についたのは壁面広告。日本と違ってシンプルです。
また、路線図の駅名をよく見ると、フィンランド語とスウェーデン語、
二つの公用語で表記されています。初めて訪れる旅行者には、
ちょっと難しいかしら…なんてことを考えながら待つこと数分。

b0177281_19512176.jpg

b0177281_131718.jpg

b0177281_112642.jpg

ホームに滑り込む鮮やかなオレンジ色の車両が、目に飛び込んで来ました。
さっそく乗り込むと、座席もオレンジ色でまるで遊園地の乗り物気分(笑)。
後で調べたところ、ホーローのコーヒーポットで有名な
Antti Nurmesniemi が手がけたものだとわかりました。
際立ってポップなデザインの車両にも、彼が追求した機能美が息づいているのです。

b0177281_1421276.jpg

b0177281_19505567.jpg

b0177281_21394944.jpg


次の駅に到着後、出口へと向かうエスカレーターに乗ると、
赤青色のライトが輝いて、こちらも遊園地のように楽しい雰囲気です。

b0177281_19513079.jpg

ただでさえ、寒くて暗い冬が長く続くフィンランド。
日光の射さない地下鉄の構内を、少しでも明るい雰囲気にーー。
そんな配慮が、このポップな公共デザインの中にあるのかもしれませんね。
[PR]
by hongomitte | 2010-09-20 20:32 | 旅行記