「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:リトルプレス( 1 )

ハラショーなロシア旅行記 『青年の家出』

b0177281_22372094.jpg
Twitterではすでに何度かご紹介してますが、
現在Mitteで販売中のリトルプレス 『青年の家出』。
80年代終わりから90年代始めにかけて、
アート系フリーペーパー「artpost」に連載されていた
元・青年Y氏によるソビエト連邦~ロシア紀行文を、
図画工作家オギクミコさんが1冊にまとめ直して下さったものです。

◆イルクーツクの夜は更けて ◆やかんが届いた
◆近づいて来る人の巻 ◆晴海の「ソ連一泊旅行」の巻 
◆ゲキドーのロシアを行くの巻 ◆ハラショーなソ連グッズ etc..

“やかん”とは、“晴海のソ連旅行”とはなんぞや!?
謎の多いタイトルからしてまず興味をそそられます。
そして、淡々としながらもどこか可笑しみが漂うY氏の文章。

b0177281_133797.jpg
北の大陸への家出を繰り返すうち、図らずも
国家崩壊を目の当たりにすることになった折でさえ

≪なんだかオロオロしているうちに
ソ連邦は解体され、消滅してしまったようである≫

…と、相変わらずのマイペースぶりを発揮(笑)。
そのどこまでも朴訥とした文体が、逸話なしでは語れない
ロシアという国の描写にマッチしているなあと感じられます。

b0177281_124576.jpg
共産党員グッズが次々に売りに出される一方で、
ソ連無き後も、レーニン像を温存する田舎の人々。
社会主義の終わりとともに急増した「ビジネスマン」――
など、外国人旅行者ならではの客観的な視点で、
激動期のロシアを活写したくだりもあります。

ソ連や冷戦時代をまったく知らないという若い世代、
あるいはゴルビーのペレストロイカに沸いた旧世代も、
読むとじんわりノスタルジアが込み上げる『青年の家出』。
(もしくは、極東おろしあ放浪記)

b0177281_23251837.jpg
Mitteではロシアのおまけ付きで、特別価格950円で販売中!!
5/3の谷根千の一箱古本市にも数部持って行く予定です。
なお、通販をご希望の方は、オギクミコさんのサイトでも
冊子単体の取り扱いをしていますので、ぜひご利用下さい。
[PR]
by hongomitte | 2013-04-29 00:27 | リトルプレス