カテゴリ:お知らせ( 37 )

ポーランド・ドイツ陶器おためしセット

b0177281_40411.jpg
バルトのニット製品に続き、通販のご要望の多いポーランド・ドイツ陶器。
珈琲、紅茶やスープを飲む機会の多いこの季節に
ハンドメイドの温もりを感じながら使って頂きたく、お得なセットにしました。
※受け付け終了いたしました。

【ポーランド・ドイツ陶器セット】 各6,000円(消費税・送料込み)
*おためしセットA 
(ボレスワヴィエツ陶器:マヌファクトゥラ社 りんごポット、マグカップ、はっ水テーブルクロス ブンツラウワー陶器:ミルクピッチャー)
*おためしセットB 
(ボレスワヴィエツ陶器:マヌファクトゥラ社 スープポット、マグカップ、大皿 ブンツラウワー陶器:プレートS 17cm)
*おためしセットC 
(ボレスワヴィエツ陶器:マヌファクトゥラ社 マグカップ、はっ水テーブルクロス ブンツラウワー陶器:プレートM22cm、ボウル)

【ボレスワヴィエツ陶器】
良質な陶磁器向けの土壌があるポーランドの南西部の街、
ボレスワヴィエツの工房で、一点一点スタンプによる絵付け作業で作られています。
厚手でぽってりとしていて、あたたかい風合いのキッチンウェア。
※電子レンジ、オーブン、食器洗い機OK

b0177281_422830.jpg
※画像提供:当店常連のKさま

【ブンツラウワー陶器】
ドイツとポーランドの国境地帯で作られてきた伝統的な陶器。
ハイゼやカンネギーサは19世紀初めに創業した歴史ある窯元で、
絵付け工程は現在もスタンプによる丹念な手作業。
デイジーやアネモネなど、洗練を感じる柄は使うたびに優雅な気持ちになります。
※電子レンジ、オーブン、食器洗い機OK

福袋的な企画につき柄や色はお選び頂けませんが、20-30%OFFでお買い得!
ご注文やお問い合わせは mittelomo333@gmail.com までお願いいたします。
折り返し在庫状況とご入金口座についてご案内させて頂きます。

バルト冬の贈り物セットもよろしくお願いいたします。

[PR]
by hongomitte | 2016-01-26 03:25 | お知らせ

「バルト冬の贈り物」 セット通販のお知らせ

毎日寒い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしですか?
昨年末、Xmasのイルミネーションが美しいバルト3国を買い付けで訪れました。
ラトビアでは暖かそうなミトンや靴下を、
エストニアやリトアニアでは紙雑貨などを中心に仕入れてきました。

twitterフォロワー様で通販希望の方には個別に対応させて頂いておりましたが、
点数が膨大で限界があるのと、せっかく色々面白いものが揃っているので
ギフト的にセットでお届けするのが良いのではないかと思いつきました。

【バルト3国セット】 SALE 7,300円(消費税・送料込み)
*おみやげセットA ※完売いたしました。
(ラトビア市場のニット靴下25cm、ラトビアニットの紙袋としおり、2016年エストニアカレンダー、エストニア再生紙A4ファイルと活版印刷カード、エストニア花模様刺繍ポチ袋、エストニア民族衣装ポストカード、リトアニア紙雑貨とフェルトバッグ、ソ連時代のバッジ)

b0177281_22234613.jpg

*おみやげセット B 
(ラトビア市場のミトン丈24cm指6.5cm、ラトビア手織りリボン、2016年エストニアイラストカレンダー、エストニア再生紙A4ファイルと活版印刷カード、エストニア民族衣装ポストカード、エストニアポチ袋と紙袋、エストニア刺繍リングノート、 エストニア花柄コットン靴下、エストニアフォークロア鍋しき、ソ連時代のバッジ【追加】リトアニア手作りフェルトバッグ1点、リトアニアメルヘン紙雑貨3点)

b0177281_22251161.jpg




















*おみやげセット C ※1点のみ
(ニット靴下23.5cm、ラトビア紙袋としおり、布製リングノート、鉛筆2本、リネンの袋、ラトビア木製オーナメント、ビッグ陶器マグカップ、コースター、手織りリボンとヘアバンド、ラトビア製カゴ小、リトアニアカレンダー、ソ連時代のバッジ 【追加】ラトビアRIGA中世ルームキャンドル大)
※ラトビア神道の文様がモチーフになったミスティックなグッズ 


b0177281_2335228.jpg
b0177281_2226330.jpg
以上です。福袋的な企画につき上記画像はアイテムの一部ですが、20-30%OFFのお得なセット!ご注文やお問い合わせは mittelomo333@gmail.com までお願いいたします。
折り返し在庫状況とご入金口座についてご案内させて頂きます。

続けてポーランド陶器とロシアみやげセットについてご案内をさせて頂きます…

[PR]
by hongomitte | 2016-01-25 22:03 | お知らせ

10/31(土) 本郷ロシア文学サロン開講!

ロシアの歌や文学にとても興味がある。
でも、学校以外でそれを学んだりするのは難しいのではないか……
そんなふうに思っている方に朗報です。

本郷という土地柄、東大スラヴ文学研究室の方が出入りする
Mitteならではの、気軽に親しめる【ロシア文学サロン】の開講です!!
10/31(土) 第1回目の講師は、M・シーシキン『手紙』(新潮社)などの
翻訳者でもある奈倉有里氏がつとめてくれます。

① 13時30分~15時00分 
「初級ロシア語で目指す 文学の森の入り口」

※キリル文字の読める方対象

大好きなあの本や、子供の頃に夢中になった名作の
ロシア語タイトルは? ロシアで人気の日本語作家の作品名は?

実は、インパクトある言い回しや使える素敵な表現など、
文学作品のタイトルにはロシア語上達へのヒントがたくさん。
初級者でも読める様々な本のタイトルを読んで文学の森の入り口に立とう。

② 午後15時30分~17時00分
「ロシア語で歌う 子供の歌」

※キリル文字読めなくてもOKです

Настоящий друг(友情の歌)」と
Точка, точка, запятая…(絵描き歌)」
ソ連時代から親しまれている、心温まる二つの歌を学びます。
きっと歌えるようになりますよ。

【参加費】 各1,950円(税込み) 2コマ受講の方は2,850 円
お茶菓子付き(ベラルーシのチョコ&ロシア紅茶)
ロシア子供の歌入りCD(7曲程度)と文学者バッジ進呈
【定員】 各6名程度
【場所】 東京都文京区本郷3-33-3 本郷ビル4F
Mitte Platz (お店隣の多目的スペース)
※前日までにご予約頂いた方はさらに100円引きとさせて頂きます。

お申込み・お問い合わせは以下メアドへ!
info@mitte.lomo.jp ※アットマークは半角に変更願います 

b0177281_12334085.jpg
【講師プロフィール】
奈倉有里(なぐら ゆり)

ロシア文学研究・翻訳。関東学院大学ロシア語講師。
ロシア国立ゴーリキー文学大学(モスクワ)文学部翻訳学科卒業。
東京大学大学院博士課程。専門はロシア詩、現代ロシア文学。
訳書に、ミハイル・シーシキン『手紙』(新潮社)、
ボリス・アクーニン『トルコ捨駒スパイ事件』、
アンドレイ・シニャフスキー『ソヴィエト文明の基礎』
(共訳,みすず書房)ほか。

[PR]
by hongomitte | 2015-10-26 14:11 | お知らせ

1000匹の猫カード展 7/14(火)まで延長します

プチミュゼ@petit_musee さんとのコラボで
お送りして参りました「1000匹の猫カード展」

梅雨明けはまだ先、初日から大雨という
あいにくの状況でしたが、猫好き、フランス好き、紙もの好き…
さまざまな理由で興味を持って下さった皆様にご来場頂き、
展示ルームがパリのカフェ(社交場)のように賑わいました。

b0177281_22522056.jpg
来場者さまのツイートをまとめはこちら↓
1000匹の猫カード展 7/3(金)-7/12(日)

そして予定では7/12(日)本日が最終日でしたが、
「雨のため外に出られなかった」「うっかり見逃してた!」
という方のために7/14(火)パリ祭の日まで延長することにしました
※来場者プレゼントは300円以下のカード1枚に変更させて頂きます。

twitterでも書きましたが、今回の展示の目玉は
美しい20世紀初頭のアンティーク猫カードたち。
まだモノクロ写真しかなかった頃、カラーになっているカードは
人間が手作業で彩色していたものでとても繊細な色をしています。

b0177281_2365547.jpg
b0177281_2355156.jpg
切手が絵柄面についているのは、1920年代より前の葉書

フランス語で「小さな美術館」という意味の屋号を持つ
まさにプチミュゼさん的なアイテム。
お家ですぐ額装できるようマット入りも多数ございますので、
この機会にぜひお気に入りの一枚を手に入れて下さい。

【開催日時】
7/13(月) 午後1時~7時半まで
7/14(火) 午後1時~7時半まで
入場料300円(猫カード1枚プレゼント付き)
主催:Petit Musée プチミュゼ
会場:雑貨屋 Mitte 4F展示スペース

東京都文京区本郷3-33-3 本郷ビル4F
Tel.03-3816-5816  
東京メトロ丸ノ内線/都営地下鉄大江戸線
本郷三丁目駅より徒歩2分
[PR]
by hongomitte | 2015-07-12 22:52 | お知らせ

【お知らせ】GWと5月の営業予定

早いもので、5月が目前に迫ってきました。
昨年の今頃は「青年の家出展」という写真展をやっていたはず。
振り返ってみれば、1年あっという間です:汗。

そして今年のGWなのですが、4月初旬に開催して
好評だった展示を、期間限定で再オープンしたいと思います。
※お取り置き中のお客様、わがまま言って申し訳ありません。

ソ連の花と女性展  GW編
日時:5/1(金)14:00~20:00
5/2(土)ー 5/4(火)13:00~18:30  
【入場料】300円 
*来場の方にはソ連時代の未使用お花カードをプレゼント!
(4月開催時の様子はこちら

b0177281_00125018.jpg



ソ連のお花と女性に関するものを集めるのがコンセプト。
会場に飾った「国際婦人デー」のカードには、
働く女性や母性をイメージしたデザインも多いです。

b0177281_01034110.jpg

珍しい展示品、花を持ってブランコに乗る
チェブラーシカの壁掛け、ウクライナ製。
てっきり個人が趣味で描いた絵なのかと思ったのですが、
裏に値札があり量産されていたもののようです。

b0177281_22582754.jpg

こちらも展示品のファッション雑誌、ガーリーでお洒落ですね。
残念ながら、ソ連時代は既成服の種類があまり豊富でなかったとか。

b0177281_22300417.jpg
b0177281_02351297.jpg
そのため、お気に入りの服は自分で型紙から作っていたそうです。
(雑誌にはほぼもれなく型紙の付録ページが)
だからロシアにはいまだに布屋さんが多いのかもしれません。

b0177281_22460181.jpg

なお、会期中は大好評だった ИКРА(イクラ)食堂・黒パン工房さんの
黒パン、クッキー、ジャムも再び販売する予定です。
GW中、都内にいらっしゃる方はぜひ遊びにいらして下さいね。
なお、4月に一度ご来場頂いた皆様は無料でお入り頂けます。

【その他の5月のイベント】
★東京蚤の市 at 京王閣
5/9(土)&10(日)
おなじみ関西のイスクラさんと一緒のブースで
出店させて頂きます。キッチュなソ連もの、東欧もの
そしてポーランド陶器をたくさん持って行きます!
http://tokyonominoichi.com/2015_spring/

★ソ連・東欧グルーヴィナイト vol.2
5/16(土)午後5時~深夜まで
詳しくはこちらのエントリーをご覧下さい。

また、私事で5月~6月はイベント以外の営業を
しばらくお休みさせて頂く予定です。
お店を営業する日時は、前もってTwitterなどでお知らせします。


[PR]
by hongomitte | 2015-04-28 22:41 | お知らせ

2014年夏 欧州・ロシア旅行から帰国しました

b0177281_23355348.jpg
ロシアのモスクワから北欧ヘルシンキに入り、
タリン、リガ、ヴィルニュスのバルト3国からポーランド、ドイツへ。
夏の買い付け旅行に数週間行って参りました。
そして、やはり今年も向こうは暑かった!!
 
特にモスクワは例年になく気温が高かったらしく、
重い荷物を持ちつつ、何度か軽い熱中症になりかけました。
容赦ない地下鉄の昇り降りが、体力消耗に拍車をかけたのもありますが:笑。

そんな店主の雑貨をめぐる珍道中、いったいどんな旅だったのか? 
のぞいてみたい方はまとめをご参照下さい。
Togetterの性質上、画像が1点しか表示されませんが、
元画像のリンクを辿って頂くとちゃんと複数枚見ることができます。
(穴場的ローカルスポット情報もあり!?)

ということで、今週半ばから現地買い付け品を店頭に出していこうと思っております。
が、ソ連時代のおもちゃや古い缶、北欧やラトビアのアンティーク陶器、
エストニアの可愛い紙モノとバッジ、東ドイツのポップなクロスなどなど…
節操なく色々と買ってきてしまったので、
さて、どこの国の何から出すべきか悩んでおります。
当分の間、売り場が“蚤の市”と化すかもしれませんが、
それも雑貨屋ミッテの個性ということでご理解いただければ幸いです。

ご来店のお客様には現地の紅茶や菓子で
プチおもてなしをさせて頂きますので、ぜひ遊びにいらして下さいね♪ (店主)

b0177281_5154919.jpg【追記 その1】
留守にしていた間、日本でも連日真夏日だったようですが、
SALEには沢山の皆様にご来店頂いたようで感謝申し上げます!

【追記 その2】
この夏は様々な要因で世界情勢が緊迫する中、
ヒヤヒヤしながらの出発&帰国となりました。
実際現地にいた時は、いたって平和で
何も変わらないなあと思っていましたが、
たまたま同じホステルに泊まっていた方から、
通過してきたばかりだというキエフの街の写真を
見せてもらった時は言葉を失いました…。
そうこうするうちに、冷戦の終わりの象徴だった
モスクワのマクドナルドも閉鎖に!?
面倒な方向に進まぬよう、事態の収束を祈るしかありません。
(画像は大衆食堂「MyMy(ムームー)」の宣伝を
していたお兄さん。この平和な笑顔が続くロシアでありますように)

[PR]
by hongomitte | 2014-08-25 22:57 | お知らせ

夏の売りつくしSALEほか、お知らせ

b0177281_1336876.jpg
夏らしい暑さはやってきたものの、梅雨明けしそうでしない東京ですが、
7/22(火)よりミッテ店主は欧州・ロシア買い付けの旅に出掛けます。

例年、この時期はお店を閉めていたのですが、
今年は3F展示の補佐役だった @Mittechen が、店番をすることになりました。

基本的に平日2-3日と週末にお店を開けることになりそうです。
7/22~8/12の間にご来店頂くお客様は、まことに恐縮ですが
こちら をチェック頂きたく、よろしくお願いします。

さしあたり、買い付け前の7/20(日)と21(祝)のみ
私が引き継ぎをしつつ開店予定です。

b0177281_13353699.jpg
そしてSALEについてですが、1点ものの雑貨や絵本などの古書、
文具などについてはおまとめ買い特価 を設定。
(例:3点 500円/1000円/1500円)

さらにこの期間お買い上げ金額(税抜)が3,500円以上のお客様には、
合計金額より20%の値引き
をさせて頂きます。
計算してみるとわかりますが、かなりのお買い得ですよ!
人気のポーランド陶器も対象になりますので、ぜひぜひご利用下さい。
[PR]
by hongomitte | 2014-07-19 12:28 | お知らせ

ソビエト宇宙デザイン展 【アンコール】 6月21日(土)-29日(日)

b0177281_4565566.jpgCCCPミュージアム企画第3弾としてお届けした
「ソビエト宇宙デザイン展」。会期が進むにつれ口コミで
お客様が増え、お陰様で盛況の内に終了いたしました。
その後も閲覧希望の声を沢山頂いたため、不動産会社や
マッチラベルコレクターのカーキンケンさんに掛け合い、
月末までの会期延長が決定いたしました。

ソビエト宇宙デザイン展 アンコール 
※定休日や入場料など変更になっています。
6月21日(土)-29日(日)
12:30~20:00  ※月曜日定休  
入場料380円 (雑貨ギフト:封筒1枚+マッチラベル2枚付き) 
会場:Mitte本郷ビル3F イベントスペース 
〒113-0033 東京都文京区本郷3-33-3
http://mitte.lomo.jp/  

※会場内写真撮影可ですが、SNSでのシェアは一部ご遠慮頂く場合があります。
"ソ連カルチャーカルチャー~バック・トゥ・ザ・USSR!!"のチケットを持参の方は、入場料をサービス価格(100円)にさせて頂きます。
また、前の会期中にご来場のお客様も追加入場料100円で新たなおまけをお付けします。


1957年に世界初の人工衛星スプートニク1号の打ち上げに成功、
そして1961年には世界初の有人宇宙飛行を成功させたソビエト連邦。
その偉業をたたえた記念切手、マッチラベル、封筒などが
本国をはじめ衛星国家(東欧諸国)でかつて数多く発行されました。
いずれもグラフィックデザインの観点から見て素晴らしいものばかり。

b0177281_1123339.jpg
そんなソビエト宇宙開発にまつわるコレクタブルな紙モノと合わせて、
SFチックな口絵が魅力的な少年科学雑誌、ガガーリン少佐帰還を知らせる記事が
掲載された1961年当時の新聞(イズベスチャ紙、モスクワ地方紙)、
広報誌「ソビエトグラフ」、ロシア宇宙船のパーツ(光学センサー)も展示いたします、
これだけ多岐に渡る資料を集めた展示は、本国でもなかなか無いはず。
うっとうしい梅雨の季節、ぜひ会場に足をお運び頂き
果てなき宇宙に挑戦した人々に思いを馳せて頂ければと存じます――。

◆来場者様による詳細なレポートはこちら
『ソビエト宇宙デザイン展 6月7日(土)-16日(月) 』
『ソビエト宇宙デザイン展 6月7日(土)-16日(月) その2 』

※マッチラベルのカーキンケンさん、おそロシ庵さん、
関西のDDR PLANETさんに一部資料提供頂きました。この場を借りて御礼申し上げます。


★★★

【同時開催】”COMECON DESIGN<コメコンデザイン>”展
b0177281_417434.jpg 『共産主婦』 を上梓したイスクラさんが経営する雑貨店
DDR Planet から、ソ連や東欧、ドイツの食品パッケージ
などを特別にお借りしました。
ソビエト宇宙デザイン展と合わせて、3Fで展示いたします。
書籍 のお取り扱いはもちろんのこと、
ドイツや東欧もののFDCや古地図、雑誌の物販コーナー、
レトロな70年代東欧ペーパーナプキン数百枚も
ファイルに保存した状態で閲覧頂けます。
[PR]
by hongomitte | 2014-06-20 03:01 | お知らせ

ソビエト宇宙デザイン展 6月7日(土)-16日(月)

b0177281_3432339.jpg
『ソ連の飴紙展』 『青年の家出展 ~A journey through PERESTROIKA』に続く、
CCCPミュージアム企画第3弾。シリーズ最終章となる今回は、
宇宙モチーフのデザインばかりを集めた展示となります。題して…

ソビエト宇宙デザイン展
2014年6月7日(土)-16日(月)
12:30~19:30  水曜日定休  ※6/14(土)夜はイベント出演につき短縮オープン
★入場料350円 (雑貨ギフト付き)
会場:Mitte本郷ビル3F イベントスペース
〒113-0033 東京都文京区本郷3-33-3
http://mitte.lomo.jp/  
※会場内写真撮影可ですが、SNSでのシェアは一部ご遠慮頂く場合があります。
※おそロシ庵とMitteが出演予定の"ソ連カルチャーカルチャー~バック・トゥ・ザ・USSR!!"
前売り券をお買い求めの方は、ソビエト宇宙デザイン展 の入場料がサービス価格(100円)となります!


1961年に人類初の宇宙飛行を成功させたユーリー・ガガーリン。
彼の偉業をたたえた記念切手、マッチラベル、封筒などが
ソ連やその衛星国家(東欧諸国)でかつて数多く発行されました。
いずれもグラフィックデザインの観点から見て素晴らしいものばかり。

b0177281_14573354.jpg
そんなソビエト宇宙開発にまつわるコレクタブルな紙モノと合わせて、
SFチックな口絵が魅力的な少年科学雑誌、ガガーリン帰還を知らせる記事が
掲載された1961年当時の新聞(イズベスチャ紙、モスクワ地方紙)、
広報誌「ソビエトグラフ」、ロシア宇宙船のパーツ(光学センサー)も展示いたします、
これだけ多岐に渡る資料を集めた展示は、本国でもなかなか無いはず。
うっとうしい梅雨の季節、ぜひ会場に足をお運び頂き
果てなき宇宙に挑戦した人々に思いを馳せて頂ければと存じます――。

※マッチラベルのカーキンケンさん、おそロシ庵さん、
関西のDDR PLANETさんに一部資料提供頂きました。この場を借りて御礼申し上げます。


★★★

【同時開催】
”COMECON DESIGN<コメコンデザイン>”展

『共産主婦』を上梓したイスクラさんが経営する雑貨店
DDR Planet から、ソ連や東欧、ドイツの食品パッケージ
などをお借りしました。宇宙展と合わせて3Fで展示いたします。
ドイツや東欧ものの物販コーナーもあり!

b0177281_12292333.jpg
コメコンデザイン
@Comecon_D_bot
1950~1990年ごろまでの東欧を中心に
コメコン加入国のプロダクトデザイン、建築、
生活に関するものをツイートします。
――だそうです。興味のある方はぜひフォローを!
[PR]
by hongomitte | 2014-06-06 03:29 | お知らせ

『ソ連の飴紙展』 ご来場有難うございました。

b0177281_12112394.jpg
b0177281_1147751.jpg
3月初旬中旬にかけて開催したホワイトデー特別企画 『ソ連の飴紙展』。
告知不足のスタートにもかかわらず、ご来場者様のTwitter等による
口コミで噂が広まり、終盤になるにつれ会場が人で溢れ返るほどの
大盛況となりました。期間中、本郷まで足を運んで頂いた皆様に、
この場をお借りして深く感謝申し上げます。

     *******************

事の始まりは、カーキンケン ありよしきなこ氏との雑談から。
彼女は200枚以上のソ連製飴の包み紙を偶然手に入れたものの、
その存在について2年近く忘れたまま過ごしていたそうです。
なんてもったいない!この機会に日の目を見させてあげましょう、
ということで、まずはシワになった飴紙にアイロンがけ。
それから1枚1枚透明袋に入れて旧ソ連の地域別に分類し、
色味を意識しながら、壁に貼り付け作業を行いました。
(ものによってはロシア語 商品名の対訳も)

b0177281_11482820.jpg
いくら物資不足の社会主義体制下とはいえ、
本来なら食された後、ゴミ箱行きだったはずの飴紙たち。
それが、当時を偲ばせる“レトロデザイン”として、
2014年の今、色とりどりに壁面に並んでいる――。
そのことを思うと、可笑しいような、切ないような、
なんともいえない不思議な気持ちになりました。
来場者の方も、そうした背景をふまえた上で
Twitterやブログで様々な考察をして下さっています。

◆来場者様の詳細なレポート まとめはこちら
ソ連の飴紙展 2/28-3/14 【その1】
ソ連の飴紙展 2/28-3/14 【その2】
ソ連の飴紙展 2/28-3/14 【その3】
ソ連の飴紙展 2/28-3/14 【その4】

最後に、ステマと銘打って(笑)大々的に宣伝をして頂いた
おそロシ庵 の皆様、学芸員として大活躍してくれたMさん、
飴紙をお貸し下さったカーキンケンさん、輸入雑貨店 nicoさん、youchebさん。
そして、口コミにご協力頂いた皆々様に改めて御礼を「スパシーバ!!」

【お忘れ物】
3/13(木)にベージュのラコステ製ハンドタオルの
お忘れ物がありました。お心当たりのある方は、
雑貨屋mitteまでご連絡頂ければ幸いです。
[PR]
by hongomitte | 2014-03-28 04:16 | お知らせ