「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「古本ノート展」のご案内

日頃、Twitter中心にお店の情報発信をしておりますが、
ブログ更新は、色々ありまして数ヶ月ぶりとなります。

すでに、Twitterで告知させて頂いておりますが、
Mitteのある本郷ビルの3F ギャラリーにて、
KuffLuff 古本ノート展と、Mitte古本・レコード市を開催中です。

b0177281_2535017.jpg

◆[紙雑貨]Kuff Luff 古本ノート展―再生と生成―
 
開催期間:7月10日(日)まで
会場:文京区本郷3-33-3 本郷ビル3F(本郷通り沿い 1F鳥よし)
時間:14:00〜19:00頃(若干変更の可能性有)
アクセス:丸ノ内線・大江戸線 本郷三丁目駅より徒歩3分

※詳細はツイッター(@ZakkaMitte)にて告知いたします。

 
b0177281_312918.jpg

古書本来の装丁の良さを生かしつつ、新たに仕立て直すことで
モダンにリメイクされた古本ノートやファイルなどが並びます。

また、ノスタルジックな写真OHPフィルム付きのグリーティングカードや
草花をプリントしたシャーレ入りメモなど、紙雑貨も展示販売します。

b0177281_361313.jpgb0177281_371933.jpg

****

◆古本ノート 秘話

赤/緑のバラ柄縁飾りノートや、可愛いケース入り2種のメモ用紙など、
Mitteでも人気の紙雑貨ブランド KuffLuffさんとコラボして
古本の仕立て直し(リメイク)にチャレンジしたこの企画展。
事の始まりは、納品にいらしたKuffLuffさんとの雑談から。

Mitteで売れ残っている、装丁はイカしてるのに難ありの本たち――
たとえば、表紙はカラフルでキャッチーなのに中面はさし絵も何もなかったり、
あったとしても実用書でマニアックすぎるもの(ex.業者のマニュアルなど)。

あるいは、カヴァーの状態が悪く中面もひどく経年劣化しているのだけれど、
一皮向けばクールなタイポグラフィ&布張り箔押しの上製本など
いずれも現地で勢いあまってジャケ買いした古本たちだが、
上手い具合に再生させる方法はないだろうか…
そんな時考え付いたのが、古本の外側部分を表紙に使ったノートでした。

KuffLuffさんにお願いして、試作品を作ってもらったところ、
表紙にハトメやリボンをあしらったり、見返し部分の内貼りに色紙を用いたり、
元・古本とは思えないほどモダンでお洒落な仕上がりに感動!

さらに、文豪の街・本郷ゆかりの夏目漱石や樋口一葉の文学全集など、
クラシックな定番古書のリメイクもKuffLuffさんの感性で行ってもらって、
今回の企画展開催とあいなった訳であります。

b0177281_3382074.jpg
(こちらはフランス製ペーパーバックを使った試作品)

最近はいわゆる「自炊」ブームで古書を電子データ化して
実物を捨ててしまうケースが増えているように思います。
あるいは、断捨離の一貫でかさばる書籍を処分してしまったり。。

昔の装丁職人の技術を、実用品として新たな感覚で楽しむことができる
古本ノート、古本ファイルシリーズ。
エコの観点から見てもなかなか良いのではないかと思います。
(本の中面も捨てず、別カヴァーをつけてお渡ししています)
[PR]
by hongomitte | 2011-07-08 02:47 | お知らせ