<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『ME AND MY FRIENDS』 上映会レポ

日中集中豪雨に見舞われた都内。丸の内線が止まったり交通が混乱する中、
8/26夜 Mitteにて『ME AND MY FRIENDS』上映会が行われました。

b0177281_23462265.jpg

東京という街を舞台に、等身大の若きスケーター仲間の姿を
4年もの長い歳月をかけて追い続けたドキュメンタリー。
「トリックではなく、人を撮りたい」という杉本監督の言葉通り、
これ見よがしなスケート技や、ギミックに溢れた映像がメインの
従来のスケートボード・フィルムとは異なる、人間味のある視点が特徴的です。

「コンクリート・ジャングル」と呼ばれるアスファルトの街、東京。
人々が忙しなく行き交う無機質な都会のアノニマスな路上も、
スケーターたちにとっては自分たちの大切な活動の場、いわば秘密のテリトリー。

彼らがジャンプする瞬間、何の変哲もない路地裏が、無重力のドラマティック空間に変わる。
スケーターというフィルターを通して、知りえなかった東京のもう一つの姿を垣間見させ、
さらには、彼らの個性や生きざまといったものまで浮き彫りにした点が素晴らしいなと。

b0177281_245488.jpgb0177281_246587.jpg
個人的には、1960年代、リアリティを求めてスタジオを脱け出した
ヌーヴェル・ヴァーグの監督たちが、手持ちカメラを片手に
パリの路上いたる所で撮影を行っていた、あのライブ感に通じるものを感じました。

また、スケートボード・フィルムの文脈で登場するのは初であろう、
センチメンタルな和製アコースティック音楽(テニスコーツ、oono yuuki etc.)が、
若者たちの刹那の青春の煌きをフィルムに永遠に焼き付けるべく、
劇中で効果的に使われていたのがとても印象的でした。

b0177281_2352572.jpg
上映後は、そのまま杉本監督から作品に関するティーチイン。
見終わったお客様から質問が飛び交い、作品に込められた哲学のようなものを
監督から直接お聞きすることができ、有意義なひと時となりました。

お足元の悪い中お集まり頂いた参加者の皆様、
そして上映会にご賛同ご協力頂いた杉本監督、どうも有難うございました!!

【追記】 監督、約2年前の都内某所での撮影時に「こんなところで何やってるの!?」
と睨んでしまいスミマセンでした。あの時の映像がこんな風に作品になり、
お店で上映することになるなんて、人生って不思議なものですね。
[PR]
by hongomitte | 2011-08-28 01:20 | イベント他

『ME AND MY FRIENDS』 上映会のお知らせ

Mitteでは、過去にも何度か店内のスクリーンを使って
ロシアンアニメ等の小さな上映会を行ってきました。

今回は趣向を少し変えて、新進映像作家の杉本篤監督を
お招きしたカジュアルな上映会を行いたいと思います。

b0177281_23523791.jpg

◆『ME AND MY FRIENDS』ミニ上映会のお知らせ
 
開催日時:8月26日(金) 午後7時半から8時45分頃まで
会場:文京区本郷3-33-3 本郷ビル4F「Mitte」(本郷通り沿い 1F鳥よし)
アクセス:丸ノ内線・大江戸線 本郷三丁目駅より徒歩3分
参加費:無料。

※冷茶・ミネラルウォーター等を用意いたしますが、
ビールなど飲料の持ち込みも可能です。

参加ご希望の方は事前にTwitter経由(@ZakkaMitte)、
または info@mitte.lomo.jpまでご連絡下さい。

********

『ME AND MY FRIENDS』(作品時間:50分)

たくさんの人、文化、思想が行き交う街・
東京をメイン舞台に、スケーターたちの等身大な日常を
4年間に渡って記録したドキュメンタリー作品。

独創的なトリックやライディングのクオリティの高さ、
それぞれの滑りに染み込む人間性や個性…
日本の街で確かに育まれてきたスケートボードカルチャー。
ストリートを生きる人々の姿を通して描きだされるのは、
日本の風景の“いま”である。

また、テニスコーツ、oono yuuki、ねろ (赤い疑惑)など、
日本のインディーズシーンにおいて注目を集めるアーティストたちが
楽曲提供、映像の独特な世界観をさらに際立てている。

b0177281_002442.jpg
b0177281_014752.jpg

bluefilmproducts
『ME AND MY FRIENDS』 trailer
WEB DICE インタビュー記事
 
********

実は私、監督が都内でシューティングしている現場に遭遇したことがあります。

たしか、ひと気のない夜間だったと思うのですが、
何度も何度もジャンプするスケーターの男性を
撮影されていて、PVか何かを制作するのかと思ってたのですが――

先日偶然、Mitteのお客様が杉本監督を連れてご来店され、
お話を伺っているうち、あの時撮影していた方だと発覚したという:笑。
これも何かのご縁かと思い、今回本郷での小さな上映会を企画しました。

作品を拝見した印象ですが、普段見ることのないローアングルの景色、
スケーターの動線を通して切り取られた東京の姿が、どこか懐かしく叙情的でした。
フォークトロニカ風の音楽との組み合わせも新鮮。

スケボーに正直まったく知識も興味もない
(強いていえば、トミー・ゲレロのCDを何枚かもってるぐらいの)
私のような門外漢でも、杉本監督が紡ぐ淡々とした映像に
不思議な浮遊感と温かみを感じ、楽しむことができました。

8月の終わり、
クールな眼差しの奥に情熱を秘めた杉本監督を囲んで
カジュアルな上映会で暑気払いしませんか?

お仕事帰り、学校帰りに、お気軽にお立ち寄りください!!
映像制作に興味のある方も大歓迎。みなさまのご参加お待ちしています。
[PR]
by hongomitte | 2011-08-22 23:04 | お知らせ

Mitte(n) 第2号 お読み頂けましたか?

b0177281_20203355.jpg

本郷・湯島エリアのプチ情報入りフリーペーパー「Mitte(n)」。
第2号は先月中旬頃から、ご来店のお客様にお配りしていますが、
もうご覧頂けましたでしょうか?

Mitte以外でも、本郷・湯島、その他エリアの下記店舗で配布中です。

【本郷・湯島エリア】
 SCOS 本郷本店(輸入文房具店)
 nico (輸入雑貨店)
 Kinotolope(美容室)
 わかば整体(整体院)
 ヴァリエテ本六(古書/ギャラリー)
  鳥よし 本郷3丁目店(和食、釜飯屋)

【その他のエリア】
 谷中 不思議(はてな)(古本&古道具)
 神保町 artbooks&cafe(手芸本/古書)
 お茶の水 Cafe HINATA-YA(カフェ)
 三宿 Cafe Placejaune(カフェ) 
 渋谷 Only Freepaper(Freepaper専門店)

ぜひ「Mitte(n) 」をゲットしに、お近くのお店へお立ち寄り下さいね。

ちなみに第2号、気になる中身のほうは……。
ハンガリーの人形、KiffLuff 古本ノートコラム、文房具アグリゲイト(イラスト)、
Jacque Tati映画「伯父さん」の魅力、老舗「棚澤書店」の深イイ話、
湯島妻恋神社のいわれ、2011年 ツールドフランス…など盛り沢山!
(震災を挟んだため、Mitteのお客様中心のコラムになっています)

b0177281_20582476.jpgb0177281_20585917.jpg

[PR]
by hongomitte | 2011-08-21 19:09 | mitte(n)