<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

川勝さんのいた時代~Requiem pour Le pop-addict

b0177281_23343928.jpg

バブルは弾けていたものの、
好景気の余韻がまだ街に残っていた90年代初頭。
ちまたではトレンディドラマが人気を博し、
女子大生は皆、ドリカムの唄のような
バラ色の「未来予想図」を思い描いていた…。

が、そんな「いかにも」な人生なんてツマナライ!と
アニエスb.のボーダーシャツに反骨精神を込め、
渋谷のWAVEやHMVといったCDショップにライヴハウス、
そして単館系の映画館をテリトリーにしていた文化系女子の私にとって、
川勝正幸さんはつねにオルタナティブで刺激的な
ポップカルチャーの道先案内人でした。

コーネリアスや小沢健二、スチャダラパーといった
キラ星のような渋谷系アーティストを、先輩風吹かすことなく、
対等な立場でバックアップ/レコメンドしていたのも敬服すべきことですが、
個人的に一番印象深く、もっとも影響を受けたと思うのは
一級のアメリカかぶれとしての、セルジュ・ゲンズブール再解釈です。

ともすれば、シャンソンや、ワールドミュージックといった
矮小されたジャンル枠に収められがちな彼の作品を、
ポップスやロック、ブラックミュージックの影響下にある音としてきちんと評価し、
「ビートのプレイボーイ」という、いかした称号まで与えた川勝さん。

その尽力によって、ゲンズブールの繊細かつパンクな魅力を知り、
詞を暗記してしまうほど、デカダンな唄の世界にのめりこみました。
ゲンズブールの墓参りをしたい、サンジェルマンの家を訪ねたい、
そして彼が生きた街に住みたい!と、パリ留学も決行。
おかげで一年大学を留年することにはなりましたが…

その後、ゲンズブールが監督した作品、
ジェーンとゲンズブール共演の映画も次々公開されるようになり、
私たち世代のフレンチマニアックは
みな夢中になって映画館に駆けつけたものです。

* *

ほかの方もよく言われていることですが、
川勝さんほど、ライヴやコンサート会場で
出くわす回数の多かった業界の方はいません。
私はブライアン・ウィルソン復帰後間もない来日公演の時と、
ジョアン・ジルベルトの2度目の来日の時はすぐ近くの席におり、
「氏はこのコンサートをどう観てるんだろうか…」と
つい意識してしまったのを、記憶しています。

川勝さんと共有したあの時代、至福のライヴ空間も含めて、
すべてが不可逆な「時間」というものの儚さを、感じずにはいられません。

(画像はゲンズブールのRemix版、Jane Birkin
Je t'aime moi non plusのシングル。私物です)
[PR]
by hongomitte | 2012-02-24 23:52 | 店主の趣味

冬真っ只中、そして春が近づいていますが…

b0177281_3223334.jpg

枯葉を散りばめた秋っぽい表紙デザインで、昨年末から配布している
本郷・湯島のプチ情報入り フリーペーパー「Mitte(n)」。
第3号目は、もうゲット頂けましたでしょうか?

Mitteご来店のお客様にはお配りしておりますが、
本郷・湯島、その他エリアの下記店舗でも配布中です。

【本郷・湯島エリア】  ★印は湯島に近いエリアです。
★ 松竹堂cafe(カフェ、定食)
■ 喫茶 こころ
 ヴァリエテ本六(古書、ギャラリー)
 Kinotolope(美容室)
 Coupe(フレンチ、bistro&cafe)
 nico (輸入雑貨店)
 Bar 道  ←今週納品
 わかば整体 (整体院)
 EaseGarden (美容室)

【その他のエリア 関東】
■ cafe nomad (カフェ、根津)
 Rocotto (アクセサリー、駒込) 
 リ・カフェ (古着/カフェ、千駄木) 
 桃と蓮 (Bar、根津) 
 Only Freepaper (Freepaper専門店、渋谷)

【その他のエリア 関西】
■ スジャータ (コーヒーとお酒、神戸元町)
tot-ziens (多肉植物と雑貨のお店、神戸栄町)
みみみ堂 (カレー、神戸中央区)

※可能な限り追加補充を行う予定ですが、
配布部数がすでに無くなっていた場合はご了承下さい。

本郷界隈のお店の方、そしてMitteのお客様にご執筆頂いた第3号は、
コラムページ多め、読みごたえありと大好評です!!  内容一部をご紹介すると…

本郷散歩で外せないノスタルジックな近江屋洋菓子店、
菊坂のサロン Kinotolope店長のパリ美容室体験記、
昭和初期の長屋をリノベーションしたヴァリエテ本六さん改装秘話、
ハンガリー家庭の味 果物スープ、美味しい!?ドイツ食文化の謎、
スパイも使った スイス製オープンリール式録音機 NAGRA、
なつかし愛らし・おみやげこけしの魅力、
細野晴臣とJ・タチ、“伯父さん”二人の共通点とは?
湯島の隠れ家フレンチCoupe…  などなど、興味深いコラムが盛りだくさん!

箭内道彦氏の「風とロック」じゃないですが、店の規模に合わない大きな志で
組版と印刷費用、すべて自腹、店主の完全持ち出しでやっとります(汗)。
フリペの趣旨にご賛同頂き、善意で原稿をお寄せ頂いた
執筆者の皆様方へのフィードバックにもなりますので、
ぜひお読み頂いた感想など、気軽にお寄せ頂ければと思います。

★追記:年末の忙しい中、製本をお手伝い頂いたichieさま、F君、有難うございました!
[PR]
by hongomitte | 2012-02-08 03:11 | mitte(n)