冬の祝祭 ~ラトビアのクリスマスカンタータCD~

寒さも日に日に増して、気がつけばクリスマス目前!
Wham!やマライア・キャリー、ビング・クロスビーにジャクソン5、
通なところでThe Poguesの「The Fairytale of New York」とか…
そういう定番ソングも良いのですが、今年はちょっとムードを変えて
森の香りたっぷりのバルティックな音楽でクリスマスを迎えたい――。
そんな方にラトビア音楽関係者を通じて入手したCDをご紹介します。
まずはこちらの美しいハーモニーをお聞き下さい。

VILNIS SALAKS (1939- ): "On Christmas Eve"

この曲が収録された『Christmas Joy In Latvia(Albany Records)』は、
米ローリング・ストーン誌「25 Best Christmas Albums of All Time」
にも選ばれています。

◆ニューヨーク・ラトビア合唱団のクリスマス・カンタータシリーズ◆
ラトビア出身の名匠アンドレイス・ヤンソンスによる、アメリカ在住のラトビア人
音楽家で結成した合唱団と、ラトビア本国の合唱団およびオーケストラが共同で
制作した新しいクリスマスの歌です。カンタータと言っても民謡の響きを
ベースにした親しみやすいもので、いずれの音楽も幸福感に充ちています。
合唱もオーケストラもレベルが高く、堅苦しさのない音楽を美しく、また楽しく
聴かせてくれます。エストニアのシサス(「クリスマス・オラトリオ」)以外は、
すべてラトビア内外で活躍するラトビア人の作曲家の作品です。

指揮:アンドレイス・ヤンソンス(全タイトル) 録音:リガ(ラトビア) 発売元:ALBANY(米国)
およびNYLCC(米国) 歌詞:ラトビア語もしくはラテン語(いずれも歌詞原文および英訳つき)

b0177281_3483677.jpg

(左から順に)
『LATVIAN WINTERFEST ラトビア冬の祭典~クリスマス・カンタータ集』
収録曲:エッシェンヴァルツ「クリスマス・イヴ」(全4曲)
ヴァルツ・プーツェ「クリスマス・カンタータ」(全5曲)アルドニス・カルニンシュ「クリスマスの神秘カンタータ」
演 奏:アンドレイス・ヤンソンス(指揮)、ラトビア国立歌劇場室内管弦楽団、
室内合唱団「アウストルムス」、青年合唱団「バルシス」、ニューヨーク・ラトビア合唱団 録 音:2012年


『CHRISTMAS BY THE AMBER SEA 琥珀の海辺のクリスマス
~エストニアのオラトリオとラトビアのカンタータ』

収録曲:ウルマス・シサスク「クリスマス・オラトリオ」、イルゼ・アッケルベルガ「冬のカンタータ」(全6曲)
ヤーニス・ルーセーンス「星たちの子ども」(全4曲) 演奏:アンドレイス・ヤンソンス(指揮)、ラトビア
国立交響楽団、 ニューヨーク・ラトビア合唱団、青年合唱団「バルシス」、男声合唱団「ガウデアムス」、
リガ第4音楽学校児童合唱団、 リガ第1音楽学校リコーダー・アンサンブル 録音:2000年


『LATVIAN SOLSTICE ラトビアのクリスマス~カンタータ集』
収録曲:イロナ・ルッパイネ「夢のクリスマス」、サルガ・メンツェ「クリスマスのベル・ソング」(全5曲)
ブルノ・スクルテ「ごらんよ明るい星を」(全4曲)、ロムアルツ・ヤルマクス「ラトビアのクリスマス」(全6曲)
演奏:アンドレイス・ヤンソンス(指揮)、リガ・新室内管弦楽団、青年合唱団「バルシス」、
ニューヨーク・ラトビア合唱団  録音:2005年


ラトビア語やラテン語で歌われるモダンアレンジのカンタータ。
クリスマスはもちろん、新年にもバルト海沿岸の祝祭ムードを届けてくれるはず。
米国直輸入Albany RecordsのCDは、Mitteと高円寺ハチマクラ
「エストニアとラトビアの紙」展でお取り扱い中です。
※通販ご希望の方は info@mitte.lomo.jpまで
[PR]
# by hongomitte | 2013-12-22 03:02 | 音楽

「エストニアとラトビアの紙」展@高円寺ハチマクラ

紙好きなら知らない人はいない高円寺のハチマクラさんで、
先週から開催中の「エストニアとラトビアの紙」展。

はじめてハチマクラさんを訪れたのが約1年半前。
国産ものから外国製、古い紙から現行の工業用紙まで…
ありとあらゆる紙を扱う店主のこだわりに感動するとともに
紙フェチの一人としてシンパシーを感じていたのでした。

それからしばらくして、ハチマクラさんで行われていた
KuffLuffさんの企画展を見に伺った際、店主の小倉さんと
会ってお話する機会があり、ヨーロッパやロシア方面で
良い感じの紙があったら是非紹介して欲しいとの相談を受けました。

b0177281_12284320.jpg
今年の夏、たまたま買い付けでバルト3国を訪れた私は、
エストニアでいきなり運命のノートに出会ってしまいます。
赤や青、緑色といった厚手のマットな再生紙を外側に用いて、
中面は漂白していない、わら半紙に似た風合いの紙。
表裏の表紙に描かれた動物などのイラストは、寓話の世界から
飛び出してきたかのようです。派手さはないけれど、
懐かしさと温もりを感じるざらっとした手触りの紙雑貨たち。
長年探していたものを見つけた、というと大げさですが
それぐらい惚れこんでしまいました。

また、エストニアの次に訪れたラトビアでは
ミトン等ハンドクラフトの産地らしく、編み物や刺繍の文様
(先祖伝来の神話や自然崇拝に基づく柄)をグッズ化した
カラフルでユニークな紙雑貨を数多く目にしました。

b0177281_1230639.jpg
この旅にインスピレーションを受けたことがきっかけで、
ハチマクラさんとのコラボレーションがめでたく実現!
日本ではなかなか目にする機会の無い、バルト海に面した北国
エストニア、ラトビアの紙雑貨をいち早く皆様にお届けいたします。
また、今回はクラフトマーケット直送のラトビアン・ミトンや靴下、
そしてミッテ店主が買い付けた旧ソビエト時代(※)の
アンティークカードや封筒、人形なども展示販売しています。
ぜひ手に取ってご覧下さい。

b0177281_12322988.jpg
※エストニアとラトビアは1991年の独立までソビエト連邦に属していました。
[PR]
# by hongomitte | 2013-12-18 03:17 | お知らせ

12月、刺繍とXmas リースのワークショップ開催

師走の足音が聞こえてきました。
忙しい12月ですが、クリスマスに向けてクリエイティブなことを、とお考えの方。
1~2時間のスキマ時間で参加できるワークショップの開催が決定。
場所はいずれもMitteの上階、本郷ビルの5Fで行います。
刺繍講座のみ、info@mitte.lomo.jp もしくはツイッターリプライで
前日午後8時までにご予約ください

◆◆ 手仕事ビギナーのXmas クロスステッチ講座 ◆◆
内容:Mitteに程近いティーハウスで3年以上「刺繍カフェ」を行っているrieさん。
初心者にも優しい丁寧な指導が好評で、数年越しで通ってる方もいるとか。
今回は季節感のあるテーマで特別出張講座をしてくれます。
※青字は日時を変更させて頂きました。

所要時間と参加料金:
・Aコース 【雪の結晶オーナメント】
90分 2,350円 (材料費・茶菓子代込み)

b0177281_32837.jpg
開催日時:
12/8(日)13:00~14:30 
12/12 (木) 14:00~15:30

・Bコース 【小さなツリーのステッチ】
60分 1,850円(材料費・茶菓子代込み)

b0177281_3282571.jpg
開催日時:
12/8(日)16:00~17:00
12/12 (木) 17:00~18:00

持ち物:なし。手ぶらで参加頂いてOKです!
道具(針、ハサミ) 糸、布地、フェルト等、すべてこちらで用意します。

◆◆ 木の実(トロッケン)で作るXmasリース講座 ◆◆
内容:市販の人工的なリースではなく、ナチュラルで
森の香りがするものを作ってみたい!たった1時間の工程で温かみのある
自然素材のリースが作れる手軽な講座です。
講師は多様な手仕事講座を受け持つAtelier St.CandyのAkiさんです。

b0177281_2382985.jpg
所要時間と料金:
40分~60分 1,950円 (材料費・茶菓子代込み)
開催日時:12/9(月) 12:30から18:30頃まで随時受付
12/11(水) 12:30から18:30頃まで随時受付

※その後の日程は、決まり次第順次更新予定!

持ち物:なし。予約せず、手ぶらでお越し頂いてOKです!
木の実は松ぼっくり3種、赤い実・山帰来、アジサイ・バラ(ドライ)など10種。
接着にはグルーガンを使用。森の幸をお好きなだけ用いて
金銀ラッカー、リボン、硬化剤などで仕上げます。 
※こちらで園芸用手袋をお貸しします。

以上、ふるってご参加ください!
[PR]
# by hongomitte | 2013-11-30 03:01 | お知らせ

第4回 「東京蚤の市」に共同出店します!

10月も終わりに近づき、いよいよ秋が深まってまいりました。
とはいえ、今年の秋は台風の襲来が相次ぎ
思うように営業できない日々が続いておりますが…。

*****************

秋らしい休日を満喫できるイベントとしておすすめの、
手紙社さん主催 「東京蚤の市」 【11/9(土) 、10(日)開催】
に再び参加させて頂くことになりました。
しかも今回は、関西からDDR Planet さんをお招きしての共同出店!

DDR Planetさんは、兵庫県尼崎市にある東ドイツ雑貨専門店。
日本 (あるいは東洋!?) 随一のオスタルギーショップとして、
本国ドイツのTV局や新聞社が取材に来たほど。(※動画はこちら・2つ目のお店)
店内もレトロな東ドイツ風のインテリアで統一されています。

b0177281_2524183.jpg
ご存じの方も多いと思いますが、DDR Planetさんは
iskra というWebshopも合わせて運営されています。
こちらにもDDRベアや木製人形、紙モノを始め、可愛くて懐かしいモノがいっぱい。

b0177281_3593633.jpg
大入り満員だった『ニセドイツ』(社会評論社)のイベント、「見せドイツ」 以来
約1年ぶりの東京出張販売とのことで、気合いを入れて参加して下さいます!

東ドイツ、東欧、ロシア(ソヴィエト)……旧共産圏のノスタルジーあふれる
Mitte/DDR Planetのブース、皆様お誘い合わせの上遊びにいらして下さい。
[PR]
# by hongomitte | 2013-10-30 03:37 | お知らせ

5/3(祝) 谷根千一箱古本市に出ます!

告知が直前になりましたが、昨年出させて頂いた
谷根千一箱古本市 に今年も参加することになりました。

5/3(祝) アートスペース・ゲントさん
(台東区谷中5-7-7) の軒先をお借りして、
東欧・ドイツ・ロシアの古本を中心とした品揃えで臨もうと思っております。

今回は絵本や雑誌に加えて、プラハの古本屋でみつけた
70年代チェコの豆本なども持って行こうかと思っています。
ケースもイラストも小さいのに凝っていて可愛いんですよね。

b0177281_2221047.jpg
ハートをモチーフにした乙女チックなイラスト。

b0177281_2223911.jpg
モダンで抽象的な版画。

b0177281_2225775.jpg
チェコといえば、いかした装丁のカレル・チャペック本も。

b0177281_2265495.jpg
そして、古いポストカードなど味のある紙モノいろいろ。

b0177281_2234825.jpg
先日ブログで紹介した『青年の家出』 (ロシアおまけつき)の
販売も予定しています。

古本市の開催時間は11:00~16:00まで。
GWの谷根千お散歩ついにでどうぞ!!
[PR]
# by hongomitte | 2013-05-01 21:50 | イベント他

ハラショーなロシア旅行記 『青年の家出』

b0177281_22372094.jpg
Twitterではすでに何度かご紹介してますが、
現在Mitteで販売中のリトルプレス 『青年の家出』。
80年代終わりから90年代始めにかけて、
アート系フリーペーパー「artpost」に連載されていた
元・青年Y氏によるソビエト連邦~ロシア紀行文を、
図画工作家オギクミコさんが1冊にまとめ直して下さったものです。

◆イルクーツクの夜は更けて ◆やかんが届いた
◆近づいて来る人の巻 ◆晴海の「ソ連一泊旅行」の巻 
◆ゲキドーのロシアを行くの巻 ◆ハラショーなソ連グッズ etc..

“やかん”とは、“晴海のソ連旅行”とはなんぞや!?
謎の多いタイトルからしてまず興味をそそられます。
そして、淡々としながらもどこか可笑しみが漂うY氏の文章。

b0177281_133797.jpg
北の大陸への家出を繰り返すうち、図らずも
国家崩壊を目の当たりにすることになった折でさえ

≪なんだかオロオロしているうちに
ソ連邦は解体され、消滅してしまったようである≫

…と、相変わらずのマイペースぶりを発揮(笑)。
そのどこまでも朴訥とした文体が、逸話なしでは語れない
ロシアという国の描写にマッチしているなあと感じられます。

b0177281_124576.jpg
共産党員グッズが次々に売りに出される一方で、
ソ連無き後も、レーニン像を温存する田舎の人々。
社会主義の終わりとともに急増した「ビジネスマン」――
など、外国人旅行者ならではの客観的な視点で、
激動期のロシアを活写したくだりもあります。

ソ連や冷戦時代をまったく知らないという若い世代、
あるいはゴルビーのペレストロイカに沸いた旧世代も、
読むとじんわりノスタルジアが込み上げる『青年の家出』。
(もしくは、極東おろしあ放浪記)

b0177281_23251837.jpg
Mitteではロシアのおまけ付きで、特別価格950円で販売中!!
5/3の谷根千の一箱古本市にも数部持って行く予定です。
なお、通販をご希望の方は、オギクミコさんのサイトでも
冊子単体の取り扱いをしていますので、ぜひご利用下さい。
[PR]
# by hongomitte | 2013-04-29 00:27 | リトルプレス

** 春の雑貨交換*チャリティバザーにご参加ください **

誰かが誰かのサンタさんに…。お家に眠っている雑貨、本、CD、
洋服などを皆で持ち寄って、リユース、リサイクルしませんか?

――という呼びかけで、昨年末実施させて頂いた雑貨交換会
イベント当日は悪天候と告知不足であまり盛り上がらなかったのですが、
その後も交換を希望される方のために、この試みを店内で続行しておりました。

b0177281_21573427.jpgb0177281_125452.jpg
b0177281_2219867.jpgb0177281_22205391.jpg


また、出せるものは無いけれど、交換品を購入したいとおっしゃるお客様には、
店主裁量により、適宜チャリティバザーとしてお譲りして来ました。
おかげ様で、2年目の3月11日を目途に、2回目の義援金1万5千円を
岩手県のNPO 遠野まごころネット さまに寄付することが出来ました。
交換品を持参頂いたお客様、お買い上げ下さった皆様に、
心より御礼申し上げます。誠に有難うございました!

+++++++++++++

現在も店内の片隅に専用コーナーを設置しておりますが、
告知不足のため、やや動きが停滞化しております。
そこで再びお願いなのですが、今一度
雑貨交換&チャリティバザーにご協力頂けないでしょうか(~4月初旬まで)。

3、4月は新年度や新生活に向けて、断捨離したくなる季節。
皆さまからのお品が集まれば集まるほど、この試みが活性化しますので、
ご協力の程、よろしくお願いいたします。

再び、雑貨交換の流れです。

◆タグ(用紙)を差し上げますので、商品説明、エピソード等をご記入下さい。
(価格帯、希少度のランク順に、上からA・B・C、該当するものに〇をして下さい)
              ↓
基本的には、出品1点につき同ランク、またはそれ以下のアイテムを
1点お持ち帰り可能ですが、その都度臨機応変に対応させて頂きます。
交換を希望されず、放出されるのみ(リリース)でもOKです。

※ランク付けはこちらのブログエントリをご参照下さい。また、使用に支障があるほど汚れたり
破損しているものなど、お預かりしかねる物もありますのでご了承下さい。


※事前に下記タグをダウンロード/プリント頂き、ご記入の上持参頂いても結構です。
前々回の交換会の様子はこちら

b0177281_2212368.jpg

お客様放出の雑貨たちは珍しく、素敵なものがいっぱい。
物を手放す方にも、もらわれる方にもメリットがあるように
配慮させて頂きますので、ぜひぜひお気軽にご参加ください。

b0177281_1423453.jpgb0177281_0395759.jpg
追伸:趣旨に賛同下さり、東ドイツ雑貨等の交換品をお送り頂いたDDR Planet 様
お客様に大変喜ばれました。有難うございました!
[PR]
# by hongomitte | 2013-03-11 21:02 | イベント他

Mitte(n) vol.5 まだまだ配布中!

おかげ様ですっかりお馴染みの(!?)
本郷・湯島情報入りフリーペーパー「Mitte(n)」。
秋も深まった昨年11月にVol.5(第5号)を発行したのですが、
年末繁忙期や厳しい寒さによる体調不良が重なり、
いつもにも増して生産・配布がスローペースとなっております。

b0177281_0252397.jpg
本郷界隈では既に500部配布していますが、
湯島のcafe TIESさん、Bar道さんにはようやく先日納品したところ。
お茶の水、谷根千方面の配布もまだ出来ていません…。

ということで、季節は春へと向かっていますが、
まだ入手していないという皆様は、今からでも遅くありませんので(笑)
読み応えたっぷりの最新号を是非ゲットして下さい。

無料小冊子「Mitte(n)」は、
雑貨屋 Mitteにご来店頂いたお客様、
本郷・湯島、その他下記店舗で配布中です。

※配布店舗は増える都度、ご案内予定。

【本郷・湯島エリア】  
松竹堂cafe (カフェ、定食)
  斎藤紙店
 喫茶 ルオー
 喫茶 ユーミン
@ACCjuice ※非公式Twitter

 ヴァリエテ本六 (古書、ギャラリー)
 Kinotolope (美容室)
 Cafe TIES (cafe)
 nico (輸入雑貨店)
 Bar 道
 名曲喫茶 カデンツァ 
 池之端ストアフロント (ギャラリー)
 わかば整体  (整体院)

【その他のエリア】
 雑貨 百水  (千石)
 Cafe FLUG  (神保町)
 DDR Planet  (尼崎)

最新号の中身をご紹介すると…

本郷書院刊、上田敏『海潮音』からヴェルレーヌの訳詩、
フランスのアートな漫画=BD(バンド・デシネ)の魅力、
高橋幹夫氏エッセイ 「<下宿>本郷館 百年の暮らし」、
ヴァリエテ本六 クロニクル<弥生交差点から 2>、
キノコの魔法に満ちた小説――トカルチュク作 『昼の家、夜の家』、
喫茶 ルオー カレーの話、今はなき東ドイツの人形アニメ
“Sandmann(ザントマン)”に関するせつないコラム、
社会評論社の名物編集者ハマザキカク氏による「ニセドイツ」秘話、
イラストレーター吉田稔美さんが語るピープショー・シアターの世界、
BRUTUSでも紹介された本郷の老舗・斎藤紙店 今むかし などなど…

今号も、本郷やヨーロッパに関する知られざる情報が満載です。 
ご好評頂いているMAPには 名曲喫茶カデンツァを追加しました。
本郷・湯島散歩のお供にご活用下さい。

【余談】 
私の知人である小椋彩さんが翻訳したポーランドの現代小説
『昼の家、夜の家』(オルガ・トカルチュク作、白水社 エクスリブリス)を
お店で扱うことになったため、「Mitte(n)」でもぜひ紹介したいと思い、
読書家のお客様に書評をお願いしたところ、快く引き受けて下さいました。

年明けて3月、なんとそのトカルチュク氏が
本郷(東大)で講演を行うとの情報が!
素敵な偶然、そして点と点の繋がり――
まさに小説的なのではないかと思います。
[PR]
# by hongomitte | 2013-03-01 23:15 | mitte(n)

Platz vol.3 ~雑貨交換会&ロシアン上映会やります

今週末、Mitteのある本郷ビル5Fにて昨年大好評だった
雑貨交換会とロシアン上映会を開催いたします。題して「Platz vol.3」!

♦♦♦ 雑貨交換会 ♦♦♦ 
誰かが誰かのサンタさんに…。お家に眠っている雑貨、本、CD、
洋服などを皆で持ち寄って、リユース、リサイクルしませんか?
交換会を活性化させるため、複数ご持参頂ければ幸いです。

【場所】 東京都文京区本郷3-33-3 本郷ビル5F(Mitteの1つ上の階)
本郷3丁目駅 (丸ノ内線、都営大江戸駅) 徒歩3分
【日時】 12/1(土)、12/2(日) 午後12時〜4時半頃  
【流れ】 タグ(用紙)を差し上げますので、商品説明、エピソード等をご記入下さい。
(価格帯、希少度のランク順に、上からA・B・C、該当するものに〇をして下さい)
              ↓
 基本的には、出品1点につき同ランク、またはそれ以下のアイテムを
 1点お持ち帰り可能ですが、今年は臨機応変に対応させて頂きます。
 交換を希望されず、放出されるのみ(リリース)でもOKです。

 ※事前に下記タグをダウンロード/プリント頂き、ご記入の上持参頂いても結構です。
 前回の交換会の様子はこちら

b0177281_21135982.jpg
【あまった交換品について】
昨年同様、Mitte店内で年内いっぱいチャリティ・バザーとして販売させて頂く予定です。
なお、前回お預かりした皆様の交換品の売り上げは、場所代など諸経費を差し引き
1万5千円となりました。岩手方面の被災者支援拠点として多岐に渡る活動をされている
遠野まごころネット さまに寄付させて頂きましたので、ここにご報告申し上げます。

♦♦♦ ロシアン上映会 ♦♦♦
ロシアで購入した店主私物DVD 計8枚、短編作品70本の中から上映。
お客様の持ち込みも有り。今年は貴重な東ドイツのドキュメンタリーも。

【場所】上と同じく本郷ビル5F
【日時】12/1(土)、12/2(日) 午後4時半頃〜9時頃まで
【内容】<ソヴィエト映像作品集> CCCP人形アニメ、クリスマス、民話など。
<東ドイツ 1970〜80年代>
ニュース映画、短編ドキュメンタリーなど。
【参加費/予約方法など】
無料。予約不要、出入り自由。

※場所使用料が合計2万円かかるため、
投げ銭代わりにMitteで何らかの商品(300円〜)をご購入頂けますと助かります!
ご協力お願いいたします。

アットホームな上映会につき、お菓子の持ち込み大歓迎。(お茶はこちらで用意)
皆様のご参加、お待ちしております!!
[PR]
# by hongomitte | 2012-11-28 21:38 | イベント他

Kuff Luff 書籍発売記念ワークショップのお知らせ

当店でお取り扱いしている紙雑貨ブランド KuffLuff さんが、
雑貨デザイナーの宇田川一美さんと共著で出された本
『レトロかわいいアンティーク手づくり文房具』。

b0177281_18165397.jpg
紙、布、皮、木…… 様々な素材を使って、
自分だけのステーショナリーを作るという
手作り雑貨好きにはたまらない一冊となっています。

こちらの本の中で、Kuff Lufffさんは
ワックスペーパーで作る小さな袋、カードなどのプチアイテム、
古書を再利用したファイルなどの章を担当。
巻末にはKuff Lufffさんが、この本のために制作した
レトロかわいい素材集があって、雑貨づくりに重宝しそう。

かなり実践的な内容なので、さっそく何か作ってみたい!
という方のために、昨年 古本ノートの展示販売を行った本郷ビルで、
再びKuff Lufffさんのワークショップを開催したいと思います。

*************

『レトロかわいいアンティーク手づくり文房具』
 書籍発売記念 Kuff Luff ワークショップ

b0177281_3104455.jpg
■10/13(土)
・14時〜 古本ファイルづくり
・17時〜 ワックスペーパーを使った雑貨づくり
(パスケース、型抜き切手入れ、オーナメントソックス、スプーンカードなど)

■10/14(日)
・14時〜 ワックスペーパー
・17時〜 ワックスペーパー
(パスケース、型抜き切手入れ、オーナメントソックス、スプーンカードなど)

b0177281_0571875.jpgb0177281_0584668.jpg
会場:文京区本郷3-33-3 本郷ビル3F(本郷通り沿い 1F鶏ジロー)
アクセス:丸ノ内線・大江戸線 本郷三丁目駅より徒歩3分
参加費 2000円(材料・お茶代込み) 当日は手ぶらでお越し下さい。
所要時間:約2時間
申し込み方法: kuffluff@gmail.com までメール頂くか、
またはTwitter(@kuffluff)までお申し込み下さい。
(お手数ですが、@マークを半角に変更下さい)

b0177281_251771.jpg
※写真は参考品です。実際の制作物は仕様等、若干変更があります。

*************

ワックスペーパーは趣がありながら、丈夫で汎用性の高い紙ですので、
ぜひこの機会に作り方をマスターして下さいね。

ちなみに、この本の一章にはKuff Luffさんによる
「文房具としてよみがえる美しい古書」というコラムがあります。

b0177281_195312.jpg
古書の「もの」としてのたたずまいを生かしながら、
雑貨に甦らせるコンセプトは、レトロかわいい手づくり文房具
という本のテーマにぴったり。

「古書を使った手づくり文房具」で紹介されている
古本ファイルや古本ノートも、元々はKuff Luffさんとの会話から
生まれたアイテムだと思うと、私自身、感慨深いものがあります。
[PR]
# by hongomitte | 2012-10-06 12:03 | イベント他